2006年04月22日

マニアックなエスプレッソマシーン☆「BAR14N」

4月も早下旬、来週にはGWが始る。。。
今日は、少し肌寒く小雨の降る中、外に出るとジャケットが欲しい!
我が庭では薔薇が咲き初め、一年中で最も充実した季節が訪れる…


espresso_rosa02.jpg


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


espresso_machine01b.jpg


 ★エスプレッソマシーン「BAR14N」は本格派!★

カフェポッド(ESE)対応ではないが、バリスタ気分になれる本格派。ビギナーの入門機としても最適な、デロンギ家庭用のローエンドマシーン。

espresso_machine01.jpg


 「DeLonghi カフェ・トレビソ エスプレッソ&カプチーノ BAR14N」


「BAR14」「BAR20」シリーズなどの普及によって、家庭でエスプレッソ&カプチーノが手軽に楽しめる。
ポンプ式15気圧のマシーンは、エスプレッソの命であるクリーミーなキャラメル色のクレマを作りだす。。。

espresso_foam03.jpg


espresso_foam03b.jpg

espresso_foam03c.jpg



クリーミーなクレマに憧れて…
エスプレッソに芽生えたのは90年の初頭、スタバに代表されるシアトル系、デミタスで飲むイタリア系がまだ普及していない時代。

当時のエスプレッソは、カップに120〜150mlを抽出して表面に泡が浮いている。ウィンナーコーヒーを連想してしまうエスプレッソが主流でした。…
イタリアンロースト(極深煎り)を細挽き、専用マシーンで淹れる程度の認識、大型マシーンをラウンジで見ると、ステイタスが先行する。本当に美味しいものかは別にして、クレマの立ったスタイルに憧れたことでした。

まあ…、いきなり30mlの世界だと苦い、不味いの拒絶反応が起こったと思います。。。物事は180度、右から左には行かない!…これが世の常でしょう。
それから世間の意識も変わり、イタリア系が認知されてきた。逆にレギュラーカップで、エスプレッソが出ると不愉快に思えてしまう。


初代のエスプレッソマシーンは…
当時、家庭用エスプレッソマシーンを見かけることは少なく、やっと通販で購入したマシーンは、エルドム(eldom)のスチーム式3気圧?
家庭でエスプレッソと胸を躍らせたことです。このマシーンに見事に裏切られましたね!
カップの淵に少しだけ浮く泡、苦味も強烈、エスプレッソの知識はほどんどないまま、2、3ヶ月後、早くもお蔵入りになった思い出があります。

特に苦味の強い味には幻滅で!…後で知ったことですが、イタリアではダークローストと言えばイタリアンローストではなく、フルシティローストからフレンチローストが一般的です。
この勘違いで、イタリアンローストのエスプレッソは、苦味が引き立った見たいです。

すぐ後に、デロンギ家庭用15気圧を見付け悔しい思いもしました。このエルドムは39,000円だった記憶です。このときの痛い出費と苦い味は、2代目の購入をお預けにしてきました。
実際はその後、自宅で珈琲は飲むことは殆どなくなり、もっぱら喫茶店で珈琲の日々が続きましたが。。。

espresso_eldom04.jpg



エスプレッソ復活へのきっかけ…
2001年にネット通販で生豆が目に止まり、自宅でホームローストに嵌まってしまう。。。プライパンから始め手網焙煎へと進む。ペーパー、ネルドリップと”ひたすら美味しい珈琲”を追求する羽目となった。
頭の片隅にはエスプレッソへの思いもあるが、深煎り珈琲をブラックで味わう珈琲バカは、旨いと納得して今日まで過ごしてきました。

 espresso_beans05b.jpg
espresso_beans05c.jpg


espresso_cup05.jpg


そして、エスプレッソと再会。スタバではない同じシアトル系のチェーン、シアトルズベストコーヒーのカフェ・アメリカーノを飲む!…ネルドリップとは違う風味、奥の深いコクと香り、我が心に再び火を付けることとなる。。。

 ■Starbucks

 espresso_sbc06.jpg

 ■Seattle's Best Coffee(SBC)


 ★ポンプ式15気圧のエスプレッソマシーンを購入!★

本格的なクレマの作れる家庭用マシーンを検討していたところ、…今はビギナーの身〜〜我がエスプレッソに最適なマシーンを発見???〜〜
それが、この「デロンギ カフェ・トレビソ BAR14N 」

値段が特別安い!…衝動買いに走ったのが真実です。。。
デロンギ、サエコ、ブリエルなどの国内入手できる機種の中で、「BAR14N」はお買い得でした!!!

espresso_machine07b.jpg


espresso_machine07.jpg


espresso_machine07c.jpg



お試しパウダーが…
宅配で届いたマシーンの梱包を開けると、サンプルのカフェパウダーに感激!…いやガックリです。イリーのパウダー缶が転がり出るが、期限切れ間際ではないか!
製造から2年後の賞味期限が刻印。風味はそれほど期待できないと思う、自家焙煎した豆と対比するには、良いサンプルになるが。。。

 espresso_illy08.jpg
 【お試しパウダー】
 イリー・ダークロースト・パウダー(極細挽き)250g缶

 ■illy


パウダー引き換えハガキで応募!…
ムセッティのお試し用カフェパウダーが送られて来る。こちらを寧ろ、サンプルと考えていた。
しかしデロンギは対応が早い!…ハガキを出して5日で届きました。賞味期限も1年半ほど残っています。。。

 espresso_musetti09.jpg
 【お試しパウダー】
 ムセッティ・エボリューション・パウダー(極細挽き)125g缶


.....
続きを読む
posted by 癒 at 23:30| Comment(1) | TrackBack(4) | エスプレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。