2008年08月19日

ドラゴンフルーツを育成


dragonfruit_redpitaya_10s

この夏ドラゴンフルーツ(レッドピタヤ)を栽培する。


まずスーパーでレッドドラゴンの名称で販売されている赤肉種、サボテン科の熱帯植物の果実を購入。

今回の実は約600gの大きさトゲの部分が茶色くなり追熟は充分な状態?、カットすると果肉はまさにレッド、黒い種が果肉全体に点在している。

一説によると木で完熟したものは甘いとか、また熟成によって甘味は増し美味しくなる。表面が茶色く変色しても中身は大丈夫のようですが、そこまで追熟を待たずに食べてみた。
果肉に酸味、甘味は感じるものの、ぼやけた甘味が旨い?不味い?と言わせない食味でトロピカルなフルーツの印象ですね!…


dragonfruit_redpitaya_01

あくまで目的はドラゴンフルーツの種を蒔くこと…

果肉に付いている種はゴマ粒より小さい。表面の種をスプーンで薄く削ぎ取り、コップに水を入れた中で攪拌。
土を入れた鉢に種を混ぜた水溶液をまんべんなく振り掛ける。表面に軽く土をふるい種蒔きは終了、25度以上の夏日であれば5〜6日で発芽します。


dragonfruit_redpitaya_02

7月14日、用土は鹿沼土にピートモス、それと赤玉土だけのもに蒔く。その後7月20日ごろ共に発芽する。


dragonfruit_redpitaya_03

双葉からサボテンらしくなるには数週間かかり、8月7日にはトゲの付いた芽が伸び始めサボテンの片鱗を見る。


dragonfruit_redpitaya_04

トゲ芽は出たが中々成長しない。
まだ背丈も10mm以下の小ささ、密集した部分の間引きはもう少し成長してからを考えている。
ブログ用の画像は、マクロ撮影するにもピントが合わず一苦労しています。


dragonfruit_redpitaya_05

8月17日、種を蒔き一月が過ぎやっとサボテンの多肉ができて来た。


dragonfruit_redpitaya_06

これも8月17日、背丈は根元からトゲ先まで10mmくらい…
液肥を施し成長を促してもよい時期でしょうか?


dragonfruit_redpitaya_07


ドラゴンフルーツ(Dragon Fruit)の若苗


越冬し花が咲き実が成るまでは2年はかかる。成長が楽しみですがこのレッドドラゴン、自家親和性か自家不親和性であるかわからない状況に、今は結果を期待する次第…

今後しばらく、観葉多肉植物として楽しめそうです。


.......
posted by 癒 at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 熱帯果樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。