2006年06月08日

清楚で貴賓のある香り☆「ササユリ」

本日、西日本の各地で梅雨入り宣言がでています!…
我が地域は、午前中お湿りほど、夕方から本降りになってきました!
これで庭の水遣りから、しばらく開放されます。。。



sasayuri01.jpg


 ★日本人が好む清楚な「ササユリ(ニオイユリ)」!…★

日本固有の「ササユリ」は、西日本に分布している。変異が多く、花色、形などにも違いが見られます。
我が家の「ササユリ」は、変種の香る「ニオイユリ」を鱗茎で購入したもの。。。
「ニオイユリ」は、元は和歌山の熊野山中に咲く固体。ユリの中には香りのきついものが多い、このユリはソフトな香りを放ち、日本人が好みそうな上品な香水の芳香がします。

sasayuri01b.jpg


sasayuri01c.jpg


花びらは淡いピンク、この清楚で控えめな姿にうっとりしますね!…

sasayuri02.jpg


今年、茎は3本立ちそれそれ蕾が付いたが、2個は落下してしまう!
結局咲いた花は1本だけでした。。。
背丈は30cm、花径は約12cmで横向きに花が咲く。茎は細く、葉は笹の葉に似ている。

sasayuri02b.jpg


雄べのやくに付いた花粉が目立ちます。。。


.....

sasayuri03b.jpg


.................................

■ササユリ(笹百合)
 Sasayuri

 画像の参照
 ※Googleイメージ検索:「ササユリ」「笹百合

【学 名】Lilium japonicum Thunb.
【分 類】ユリ科ユリ属
【季 節】6〜7月
【香 り】−
【樹 高】30〜100cm
【交 配】−
【特 徴】西日本の中部、近畿、中国、四国、九州に広く分布している。花径12〜14pで花色は薄いピンクから濃いピンク、白がある。自生における形態の違いが多く、変種として「ニオイユリ」「シロバナササユリ」「フクリンササユリ」などがある。

.................................

■ニオイユリ(匂い百合)※ササユリの変種
 Nioiyuri

sasayuri03.jpg


【学 名】Lilium japonicum Thunb. var. angustifolium Makino  
【分 類】ユリ科ユリ属
【季 節】6〜7月
【香 り】有り
【樹 高】−
【交 配】−
【特 徴】和歌山の熊野に自生、「ササユリ」の変種で特に香りがよい。

.................................


.....
posted by 癒 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ユリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。