2005年02月22日

★チリカベ 「コノスル・ヴァラエタル・カベルネソ−ビニヨン2003」

酔ってま〜す。・・コメント後で〜るんるん揺れるハート


...............

春の訪れ近し?・・ここ2、3日は寒の戻り。

 ☆チリのカベルネソ−ビニヨン、〜チリカベ〜☆

さて〜
このシリーズはカベルネ…とメルローが人気を二分している。
我が家のおすすめ定番はメルロー、そしておすすめがカベルネ…、
ワイルドな個性で男性的なメルロー、マイルドな酸味で女性的なカベルネ…、どちらも甲乙は付け難い。

出掛けにワインの保温を頼んだ〜「夕食はご飯が足らんね!」と言われていたのでフランスパンを買って帰る。
いつもの儀式と開栓。。。
まずはグラスの香り、開栓直後から立っている。ニャ〜リ、気分は癒されリラックスムードへ・・・

ほうれん草の黒ゴマ和え、イワシの干物、あとモヤシのソース焼きそば・・
それにパンとチーズが有れば今宵は晩餐!!、媚薬は必然と多くなる。
舌の上で転がすと渋みが纏わり付く、まさしくカベルネ…である。
喉ごしよくグィグィと流れ込む。〜フレーバーはメルローが甘酸っぱい花畑とすれば、情景イメージは湧かない。個性豊かな香りが出ていない。
バランスよく率ない出来のワイン、・・及第点だが!

ほろ酔い〜 ・・・い〜ゃおお酔い揺れるハート

チュッと飲み過ぎたべェ〜るんるん
.......................................................................

コノスル・ヴァラエタル・カベルネソ−ビニヨン2003

【価格】699円(税込)

 ミディアムボディー、中辛口で飽きない。

【評価】香味バランスは取れ程よい酸味で濃い。カベルネ…種の渋みも充分。グラスの香りが特に際立つ。ワインの醍醐味は香り、これは満足できる一品です。フレーバーはおとなしい若干不満が残る所。チリカベのブームは過去の出来事、安くて美味いカベルネソ−ビニヨンはこれでしょう。
3.7ポイントはメルローより低いが個人差の違いだけです。最近ではこちらの評価が上がり、個性派メルローに少し飽きが来ている。

【ポイント】3.7(★★★)
[2005.02.22]


.......................................................................


追記〜
昨日の残り1/5ほど・・・

フランスパンでガーリックトースト!
にんにくのマヨパセ風で味付け、オーブン200度で4、5分暖める。

わびし〜ぃ・・・残り少ないチリカベです。
もう一本開ける。・・「あんたは昨日飲み過ぎたでしょ〜ぅ!〜我慢、我慢の切腹〜適量飲んだべぇ〜斬り」
 (☆区切りが肝心、中途半端な開栓はやめよう!)

2日目となると香りは少ない。だがフレーバーに甘味が乗った感じ、初日にはなかった甘酸っぱい風味が出ている。今日の香味がいい〜じゃん、寒さも緩み室温15度ベストに近い。
マーボ豆腐のピリ辛にも合っているが、今宵はほろ酔い前に宴も終わった。

ハイ、さとう珠緒で〜す。〜〜〜にんにく「プン〜、プン〜」(笑)
[2005.02.23]

posted by 癒 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

■コノスル カベルネソ−ビニヨン・ヴァラエタル 2003
Excerpt: 価格、店鋪、キャンペーン情報など (ブログ掲示板)
Weblog: ☆ワイン情報☆
Tracked: 2005-02-24 15:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。