2005年03月08日

我が家は「☆スチームオーブンレンジ☆NE-SA9」

春近し、近所の園芸店に行くと彩り鮮やかな草花が多い…

 〜〜〜
16年働いた初代の「オーブンレンジ」が動かない。
今年の1月の出来事。 〜〜〜

 ☆2代目は「スチームオーブンレンジ」☆

ナショナル・エレックを購入して一カ月となる。・・・
何しろ一昔のレンジが最新のスチームへ技術の進歩には驚いた!
牛乳あたためは温度を設定これは使い勝手抜群。カップ一杯60℃は一分かからない、脂肪膜は浮かないし焼けどの心配もなくとても便利。

さて肝心のスチーム機能は使い方をマスターすれば利用度は上がる。レンジ単独であたためると早いがスチーム併用では少し時間が必要。スピードを優先するなら従来のラップ式で、美味しくチンしたければラップレスで自動メニューを活用すればよい。

先代のレンジでは肉まんの生地の水分が抜けてしっとりふわふわが無かった。「中華まんあたため」の自動メニューを使うと出来はよいが3分でチンとはいかない。〜冷凍、チルドはセンサーが判断して暖める。冷凍2個を10〜12分とはチョッと長いか?
蒸し器レベルではないが満足はできる。まぁ〜中華街などで購入した旨い品はセイロで、スーパーなどの品はスチームあたため、また味にこだわりが無ければ3分レンジでチンすればよいと思う!

このスチームオーブンレンジはフライあたための評判がよいが!
我が家の皆様は勘違いしていたね!〜スチーム熱で表面がバリバリだと思ってました。マニュアルも見ないで「フライの自動あたため」・・・
液晶パネルにグリル皿を上段にセットの指示。グリル?〜グリルの文字に???
指定どうりグリル皿にメンチカツを乗せてスタート。これまた長〜い。。。レンジにスチームちょこと後はグリルでバリッと仕上げる・・・何だ!〜洋調理でグリルを利用する手法ではないか。現実に幻滅ぎみだが、焦げ目が付いて美味しくいただきました。…(笑)

スチーム調理の進展に期待してます!

 −・−・−・−・−・−・−・−

我が家は家電を購入するときナショナルは外せない。それに他社製品を競合させる。
この機種を選定する段階で東芝の「石窯スチームオーブンER-BS10」も候補であった。
”石窯”で連想する遠赤外線の効果、オーブン料理を作るには魅力的な機能である。ナショナルはスチームの先駆け、レンジ&スチームは優れている感がある。一方の東芝は庫内はより大型でオーブン温度は300度、菓子・パンを作る方はこちら?

いざ購入となると慎重になるね!・・・
ネットショッピングは当たり前だが価格.comのコメントを閲覧すると東芝さんクレーム多いじゃん。。。。。
先代もナショナルだし「NE-SA9」へググッと傾く〜家族は量販店から取ってきたカタログを見ながら『ユニバーサルデザイン・・・』のコピーに心が動いているようだ!〜〜
『カンタン操作、見やすい表示』に操作性が抜群が決めて!!
機能いっぱいでも使いこなす事ができなければタダの箱ですからね!

ところでスチーム用の水補給の具合を見なければ、展示品をいじって設置には問題ないと結論。また手間はかからないと判断しました。

こういう事で我が家はトラブルの多い東芝は却下。天然酵母の「カンパーニュ」を食べたい私しゃ心残りで一カ月を過ごしています・・・
苦情がどれくらいか判らないがニュースになれば「リコール」は確実でしょう。レンジ普及は100%に近いが○○車の様にメデアの話題にならない?
東芝さんは対策しているようだし、購入を検討されてる方は2005年の型番を確認すればOKよ!〜

ナショナルに悔いなしだが、パン焼きた〜ぃ。・・・未練は少しかな〜〜るんるん


..........
...........................................................

■熱風循環2段調理タイプ スチームオーブンレンジ NE-SA9

national_nesa9.jpg

 【希望小売価格】94,500円(税込み)/楽天市場・価格「NE-SA9

 National:http://prodb.matsushita.co.jp/product/info.do?pg=04&hb=NE-SA9

...........................................................

■石窯スチームオーブン ER-BS10

toshiba_erbs10.jpg

 【価格】オープン/楽天市場・価格「ER-BS10

 TOSHIBA:http://www.toshiba.co.jp/webcata/range/er_bs10.htm

...........................................................
posted by 癒 at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。