2005年04月30日

人気の高山茶☆「阿里山金萱茶」

GWの前半は庭いじり、この季節は最高に楽しい!〜草花、樹木の新緑は心を洗う……


 ☆「阿里山金萱茶・2004冬茶」は旨い!〜☆

烏龍茶は「青心烏龍種」に付けられる名称、「金萱種」も台湾茶の代表的な品種で1980年代に品種改良して作られた烏龍茶の新品種です。


さて「阿里山金萱茶・冬茶」はリーフの球状は大きく濃いグリーンで艶がある。〜見た目からも質が良い茶葉で期待が持てる!…

今日は蓋碗(100ml)で淹れる。茶葉3gにお湯を投入〜〜
一煎目は60秒で 〜〜〜
蓋碗の蓋を取るとフルーティー(パイナップル)な香りが漂う!〜
甘い香りに気分はうっとり、茶葉は期待どうりの香味を予感さす!!

茶海、そして聞香杯に注ぎ茶杯へと移す一連の流れ…
聞香杯の香りを嗅ぐとそれ程強いフレグランスではない!

次に茶杯のお茶を頂くと…
風味を豊かに感じ旨い!!〜香りは少ないが味に幅と奥行きがあり満足する。茶葉は100gだと4,000円代の高級品、今までこの値段の茶葉を購入して飲んだ事がなかった。
100gが1,000〜2,000円の品とは質が違い”本当に美味しい”と言える。

tea_jin_shuen01.jpg

 白磁の蓋碗(口の直径83mm×高さ80mm)で実質100mlの容量


 ☆金萱茶の特徴は『乳香』と紹介されているが?☆

これに関しては微妙!〜旨味のある甘い香りのお茶ではあるがミルク香が理解できない!〜
お茶の温度が下がるとより甘みを強く感じ、”とろ〜とする甘み”〜〜に感性が刺激される。。。夢心地になってリラックスムードの境地へ。。。

そして心が癒され爽やかな気持ちになれるお茶です。この「阿里山金萱茶」はお勧めできます〜
渋み、苦みもなく甘みが強調される香味は、〜
マイルドな味わいで後味もスッキリして爽やか〜〜るんるん


.................................

■阿里山金萱茶・2004冬茶

leaf_jin_shuen02.jpg
leaf_jin_shuen03.jpg

 価格は高級品で2,100円/50g(税込)

【産 地】台湾嘉義縣阿里山郷
【品 種】金萱種(台湾12号)
【収 穫】2004年11月冬茶
【標 高】1200m
【発酵度】20%(半発酵茶)

【特 徴】茶葉は肉厚、旨味が豊富で凝縮され烏龍種にくらべ青臭味がない。また『乳香』(ミルク香)があり甘いバニラの香りが魅力的な人気のお茶である。

.................................


..........
posted by 癒 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3239239

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。