2005年05月11日

誉れ高い薔薇☆「つるピース」


今日も天気がよい!…早朝の散歩は清々しい一日の始まり〜



 ☆「つるピース」は名花「ピース」の枝変わり!〜☆

peace_clg01.jpg


ハイブリット・ティーの「ピース」は巨大輪(花径15cm)の薔薇、芳香も強く四季咲き性があります?…
我が家の「つるピース」は中輪〜大輪クラス(8〜11cm)、香りも弱く少し返り咲く程度です。
つるバラになると性格も変わる見たいです〜〜

一年目は鉢で育成したが3mくらいのシュートが2本、春花は咲かず晩秋に2輪の花が咲いただけ〜
露地に植えた二年目は20個ほど咲くが、…雨に当たると花弁の先が傷み綺麗な花は半分だった!〜
この年もシュートは良く伸びるが台風の影響で枝がかなり痛んでしまう!〜生育は旺盛で育てやすい薔薇ですが、我が家の「つるピース」は黒点病が出て落葉が激しい!!


今年は30個ほどの蕾が膨み、ここ数日は立派な花が咲いています!〜

 peace_clg02.jpg
peace_clg02b.jpg

peace_clg02c.jpg

peace_clg02d.jpg


 ☆「つるピース」は花の彩りを楽しむ薔薇!〜☆

この薔薇の色彩は豊か!〜花を眺めるだけで楽しくなる。濃い黄色からクリーム色といろいろ、花弁の先にピンクが入り花それぞれに違う特色がある。

peace_clg01b.jpg

peace_clg01c.jpg

 peace_clg01d.jpg


..........
peace_clg03b.jpg

peace_clg03c.jpg


.................................

■つるピース
 Cl. Peace

peace_clg03.jpg


1939年にフランシス・メイアンは新品種を母親に捧げて「マダム・アントワーヌ・メイアン」と花名を付けた。その後アメリカに渡り1945年5月2日、ベルリン陥落にちなんで「ピース」と命名、この花名が有名になり名花として世界中に広がる。
「つるピース」は最高傑作と称えられる「ピース」の枝変わり、「ピース」がモダンローズの改良に果たした役割は大きい!〜

【作 出】アメリカ Brady 1949
     フランス F.Meilland 1945、ハイブリット・ティー(HT)  
【分 類】クライミング・ハイブリッド・ティー(Climbing Hybrid Tea)
【季 節】返り咲き
【香 り】微香?
【樹 高】300〜400cm
【交 配】Seed :Joanna Hill × (Pollen :Charles P.Kilham × Margaret McGredy)
【特 徴】薄いイエローに花弁の外側がピンク、中輪〜大輪の半剣弁高芯咲き、四季咲き性があります。芳香は弱いが花の彩りが美しい。

 別名:つるマダム・アントワーヌ・メイアン(Cl.Madame A. Meilland):フランス
    つるグロリア・ダイ(Cl.Gloria Dei):ドイツ
    つるグロリア(Cl.Gioia):イタリア

.................................


..........
posted by 癒 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 薔薇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。