2005年06月15日

フロリバンダ・ローズ☆「ブライダル・ピンク」

梅雨入り宣言され!不快な気候にはうんざりするが、ただ適量の降雨がなければ豊かな自然と風土は成り立たない!〜
そして6月はブライダル・シーズン!…”June Bride”の言葉の響きに憧れる!〜〜



 ☆ジューン・ブライドの季節に咲く薔薇!〜☆

bridal_pink01.jpg


我が家のほとんどがクライマーで、フロリバンダ、ハイブリット・ティー・・・は少数派!〜
この「ブライダル・ピンク」はホームセンターの園芸コーナーで売れ残りを特価で買った。ネーミングに惚れた薔薇と言ってよいが!〜購入前の予備知識としてフロリバンダの蔓は伸びないことは知っていた。
ステムが長く切花として利用できる。そして何より花冠の形が好みであることが我が家に来た理由です。。。

 bridal_pink02.jpg
bridal_pink02b.jpg

bridal_pink02c.jpg


大苗を露地に定植、春から初夏にかけてライト・ピンクの花を咲かせた。返り咲き性が強く5〜6月に花芽がよく上がる。昨年の梅雨シーズンにも咲き誇っていた。背丈は100cmくらいで横張りを期待したが、我が家では60cmくらいで思ったほど株は充実していない!…

今年で三年目を迎える。。。枝を切戻すのでボリュームがない!〜株数を増やし露地に植える予定で挿し木をした苗が順調に育っている。。。

bridal_pink01b.jpg


花付きがよく次々に咲く花は、”ジューン・ブライド”にお似合いの薔薇!。。。アレンジメントしてテーブルに飾れば不快な気候を和らげることができます!〜鉢植えで管理しても背丈が伸びないのでパティオ・ローズのように扱え、おすすめできる品種です。
我が家には「ブライダル・ホワイト」はないが、ピンク&ホワイトでアレンジ、ブライダル気分を味わうのもよいかな?と思っています。…

※ジューン・ブライド(June Bride)=6月の花嫁
 6月のヨーロッパは最高の季節です!〜
 国内では北海道に梅雨がなくベストシーズン!…


〜〜

 ★我が備忘録より〜★

披露宴は、何度も出席している。。。
来賓席のテーブルに紅白の薔薇、そしてかすみ草が定番のアレンジ!…

その中に印象に残る演出があった。。。
一つはメイン、来賓テーブルのアレンジが全て黄色の薔薇で会場に入った瞬間のインパクトは強烈、普段とは一風変わった雰囲気でした。新婦のウエディングドレスもイエローで鮮やか、目が慣れるまで少し時間か必要でしたね!〜
また淡いピンク一色、まさに「ブライダル・ピンク」のバラが咲き誇る花園の会場もありました。。。個人的な好みは後者です。しかし薄暗い会場に映えるイエローは印象深く!!今でも記憶が蘇ります。

定番の印象は残りませんが、味のある演出は後々まで記憶に残っています。最近は趣向の凝った披露宴が多くなっています。。。引き出物を無くして、個性的な演出に費用を掛けた披露宴が嬉しいですが♪…

それから”青バラのアレンジ”もよいと思います。青バラ一色では価格が高い!〜それとも流通量が少ないのかな?…まだ経験は無いけれど、「ブルー・ムーン」の香りは最高ですよね!〜

〜〜〜

bridal_pink03c.jpg

bridal_pink03b.jpg



.................................

■ブライダル・ピンク
 Bridal Pink


bridal_pink03.jpg


【作 出】アメリカ Boerner 1967
     販売:Jackson & Perkins
【分 類】フロリバンダ(Floribunda)
【季 節】返り咲き
【香 り】微香
【樹 高】60〜100cm
【交 配】Summertime × Spartan
【特 徴】花は薄いピンクで半剣弁高芯咲きの房咲き、四季咲き性があり繰り返し咲きます。

.................................


..........
posted by 癒 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 薔薇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4382380

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。