2005年06月30日

庭に茂る☆「ハーブたち!」

今日は早朝に目がさめる。。。庭を散策すると夏季のハーブたちの輝きがあった!〜〜


herb_title001.jpg


 ☆こぼれ種で自生し野生を感じるハーブなど〜☆

ハーブと言えば「ラベンダー」、「ミント」、「ローズマリー」・・・がよく知られている。
庭にはこぼれ種の「ラベンダー」が生育。『ストエカス・ラベンダー』系と思うが品種の特定はできていない!…多年草で花期も長く次々と咲かせている。。。枯れた花殻を揉みほぐして播くと簡単に発芽する。

herb_lavender002.jpg

「ラベンダー(Lavender)」の系統は『ストエカス・ラベンダー』??



「スペアミント」は無花果の根元に地下茎が広がる。花芽はまだ出ていないが、木蔭で育ったひ弱な茎はひょろ長い!〜〜緑鮮やかな葉はミントティーには最適かな!!

herb_spear_mint003.jpg

「スペアミント(Spear Mint)」


「ペパーミント」は淡いピンクの花が咲いていた。旺盛な地下茎の広がりに手を焼いているが、〜毎年、地下茎を掘り起こして勢力の拡大を抑える。

herb_pepper_mint003b.jpg

「ペパーミント(Pepper Mint)」の花


同様に「アップルミント」も旺盛!で密集した一角がある。。。我が家では初夏にハーブティーを楽しむ!〜〜時期は5〜6月の新緑のころがよい…
「レモンバーム」、「レモンバーベナ」、「カモミール」などに「ローズマリー」を一枝、〜それに「アップルミント」を加えたブレンドティー

herb_apple_mint003c.jpg

「アップルミント(Apple Mint)」の花


 herb_lemom_balm004.jpg
 「レモンバーム(Lemom Balm)」の花期

herb_lemom_verbena005.jpg

「レモンバーベナ(Lemon Verbena)」の新緑


「ペニーロイヤルミント」は匍匐性があり草丈も10〜30cm、ロックガーデンの縁取り、グランドカバーに最適な観賞用ミントです。

 herb_pennyroyal_mint003d.jpg
 「ペニーロイヤルミント(Penny Royal Mint)」の花

ミントは花期が終わると刈り込みお礼肥を与える。真夏の炎天下に耐え、秋雨のころには青葉が戻る。。。


herb_title001b.jpg


1〜2年で「ローズマリー」が庭先に広がった。今は畳一枚くらいで樹高は40〜50cmに成長。。。この「ローズマリー」はこぼれ種が発芽して5年ですが、特性は地面を這う性格、我が家の他のクリーピング性とは少し違う。交配したものか先祖返りか判らないが、花が少なく花期後の見苦しい姿(花殻)がない!〜深緑の鮮やかな姿を観賞するにはよい品種と思っている。

「ローズマリー」は刈り込みが過ぎると立ち枯れしやすい。樹形を整えるくらいの浅い剪定をこの時期に施す。
多湿に弱いが我が家には匍匐性、立木性の品種が10種ほどが生き残っている。
挿し木で容易に増やすことができ1〜2年は鉢で育てる。。。夏場の水やりは大変ですね!!〜
露地に定植すると水やりから開放される反面、ほとんどの品種はが旺盛に育ち樹形が乱れるので摘心や剪定をしなくてはいけない。。。日本の気候に適応するハーブの一つです!…

herb_rosemary006.jpg

「ローズマリー(Rosemary)」の雑種?だが匍匐性で生育は旺盛



続く〜〜〜後で!〜〜るんるん


.....
posted by 癒 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(1) | ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4751085

この記事へのトラックバック

半夏生の夜に・・
Excerpt: ハーブつながり☆
Weblog: 里山暮らしのコーギー犬「バロン」の日々
Tracked: 2005-07-03 11:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。