2005年07月07日

周年咲き続ける☆「テンダータ・ラベンダー」


今日は七夕、夜空を見上げても星一つ輝いていない!…
空は曇り、”織姫と彦星との出会いはお預け!”〜今宵はロマンチックとはいかない?〜〜



 ☆癒しのラベンダーは”ハーブの女王!”〜☆

鉢で管理していたラベンダーが7〜8年前、こぼれ種で露地に根を降ろすと…

lavender_dentata001.jpg


lavender_dentata001b.jpg

花穂の先、兎の耳がポイント!


lavender_dentata002.jpg

鋸葉の特徴があるラベンダー


庭に広がった!〜「テンダータ・ラベンダー」は生育が旺盛!、今だ勢力を拡大している。。。
表面が砂地の一角が発芽率がよくあちらこちらで芽をだす。。。多年草で成長も早く鉢で育成するより大株になりやすい。手間いらず、肥料を施さなくても花芽が立ち周年花を楽しむことができます。
今は年一二回、軽く肥料を与え、梅雨の時期に剪定を行う管理です。花殻を摘み剪定すると花芽の上がりが良い!〜


一昨年に古株を除き若返りをはかった!〜子生えを間引くと直ぐに大株に成長する。

lavender_dentata002b.jpg

ラベンダー、こぼれ種が育っている



花は特に3月ごろから6月までが多く咲き誇る。。。そよ風にそよぐ姿、初春から初夏かけてラベンダーブルーは見ているだけで心が和みますね!

lavender_dentata003.jpg

4月初旬ころ!…


.................................

■テンダータ・ラベンダー
 Dentata Lavender(Lavender Dentata)

lavender_dentata003b.jpg


【学 名】Lavandula dentata 
【分 類】ストエカス(Stoechas)、シソ科ラバンデュラ属 
【季 節】四季咲き性(周年)
【香 り】−
【樹 高】常緑小低木(60〜90cm)
【交 配】−
【特 徴】高温多湿に強い品種、四季咲き性があり周年花を咲かせている。葉は鋸歯で切れ込みが入る。花は薄い紫、花穂の先に兎の耳のような葉はラベンダーブルー

 別名:フリンジ・ラベンダー(Fringed lavender)

.................................


..........
posted by 癒 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4912197

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。