2005年03月22日

参考に!「☆酸味のある焙煎」


暑さ寒さも彼岸まで、今日は春の雨強し…



『グァテマラSHBアンティグア』を焙煎…
前回は酸味がなく苦味の珈琲になったが今週は酸味を追求する。
200gを計量してハンドピック、虫食い、未成熟の豆を除去〜

 ☆酸味は深煎りでも気持ち手前で煎り止め!☆

さて〜
手順は前回と同じですが、煎り止めを2ハゼの直後とします。
1ハゼは「パチ、パチ」と大きく爆ぜますが2ハゼは「ピチ、ピチ」と小刻みに軽い音色です…

前回にくらべ豆の表面は薄い色の仕上がり。豆の芯も薄く「ソフトなカリカリ」でなく「ガリガリ」と少し硬い感がある。粗挽きにすると粉の色が薄いのでよく判ります。

guatemala_antigua04.jpg

深煎りでシティーのレベル


ネルドリップで抽出すると立ち昇る香りが好い〜
余韻に爽やかでやわらかい酸味が残る。先週と違い苦味が感じられない〜珈琲の顔が変わってしまった。若干フレーバーが鼻に抜けるが今回も足りない。今度は苦味が欲しいぞ!〜〜るんるん


..........
続きを読む
posted by 癒 at 23:25| Comment(2) | TrackBack(1) | コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月17日

ネルドリップで「自家焙煎☆珈琲の飲み頃は!」

気温は上昇、小雨が降る庭の片隅でバラの芽吹きが始まる。


先日焙煎したアンティグアを淹れる…
4日目、キャ二スターを開けると香りが漂う〜
少しオイルが出ているが3〜5日がおいしさのピークです。
深煎りにすると劣化が早いしべっとりオイルが廻ると酸化の味がする。
今回200gを焙煎したが一週間で飲むには丁度、この時期は常温で保存しています。

お湯が沸騰したので細口ポットに移して3分ほど休ませる。

 ☆ネルドリップに嵌るともう戻れない!☆

まろやかな珈琲、そしてペーパーより香味が好い!〜〜ネルドリップは一人用で抽出しても旨いと感じる。。。対してペーパードリップは大量に抽出するには適している。一人用でおいしく淹れるのは難しい…
豆を荒挽に落とすと泥臭い?匂い。この香りがないと淹れた珈琲は旨くならないのです!…
ネルは熱湯を掛け暖め両手で押し絞り、さらに綿クロスで水分を取っておく。

準備も整いさぁ〜ドリップ!
粉をネルに投入して平らにならし蒸らしの一投目を注ぐとよく膨らむ。20秒後に二投目を中心から外、外から中心へと細かく。膨らみを保ち陥没させないように連続して注ぎ、45〜60秒でカップ一杯分を抽出します。〜まだまだ細かい泡が立ちお湯の通りもよい。以前「ためしてガッテン」でゲップ(大きなガス抜け)を出してはいけないと解説していたが投入量のコツをつかまないとボコッとガスが抜けるので要注意!

ネルは下ろし立てはお湯の通りは抜群です。…だんだん悪くなり雑味が混じりスッキリ感がなくなる。2、3回で捨てる訳にはいかないがよく水洗いしてタッパーに水を張り、冷蔵庫で保管すれば2、3カ月は持ちます。毎日使う事を前提にこまめに水の取り替えが必要ですが…


 ☆3〜5日で苦味がよりまろやかになる!☆

blackcoffee03.jpg

ブラックは深み、コクとほのかな苦味がないと旨くない!
苦味、酸味に甘味のバランスがよく香るフレーバーが鼻に抜けると最高だが、なかなが巡り合う事がない。。。
この豆は焙煎直後に飲んだが香る珈琲ではなかった!
今日は角がとれまろやがな苦味になっているがやはり香りが足りない。フレーバーが少し抜けるが弱いし花園にはほど遠い…

それと『旨い珈琲は冷めても旨い!!』ですね!〜〜るんるん

..........
posted by 癒 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(1) | コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月14日

珈琲は「☆ブラックの深煎りが一番!」

三寒四温、春かと想へば冬に逆戻り…ストーブが恋しい!


 ☆ホームローストで鮮度は抜群!☆

自宅で焙煎にはまっているが…
久しぶりに週末の焙煎、寒いと豆の弾ける”ピチピチ、パチパチ”の響きがよい。。。
我が家の好みは深煎りで苦味の〜〜珈琲である。

guatemala_antigua01.jpg

今日は『グァテマラSHBアンティグア』を200gハンドピック。

アンティグア産はスペシャリティーコーヒーのブランド品だが?
深いグリーンがない、ニュークロップの香りは残っているが目の覚める様なグリーンにはほど遠い。〜欠点豆はなく粒の揃いもまずまず。
家庭用のガスコンロで排気全開でロースト周りはいつもチャフ殻で汚れる。キッチンの主人に伺いを立てる日々、…旨い珈琲を接待しご機嫌を取っている!!

いざ焙煎ここから集中力との勝負、手網の焙煎器で12〜13分で深煎りまで仕上げる。遠火の強火で煎り始めるが、近すぎると豆の表面が焦げて芯は生焼けになるので注意。7〜8分で1ハゼ「パッチ、パッチ」と爆ぜる。網を上下してカロリーを調整しながら2ハゼを待つ。4〜5分で2ハゼが起こるぐらいが丁度よい。
2ハゼは20、30秒の差で香味が違う珈琲になるので煎り止めに神経を使う所です。2ハゼ中盤で止め、冷却はザルに移して素早く行う…

guatemala_antigua02.jpg

フルシティー!で膨らみも充分、豆はカリカリの煎り具合。

 ☆焙煎直後を味わえるのが”自家焙煎の特権”☆

旨いが2、3日置くと角が取れよりまろやかなになる。市販物によくある酸化した酸味は絶対にない!実際このレベルまで焙煎すると酸味は隠れ柔らかい善玉苦味の珈琲になる。。。


メジャー2杯の豆をナイスカットミルで荒挽き、ネルドリップを準備。
〜お湯は水道水を沸騰させ3分休ませて90℃ぐらい!
一人分150mlを蒸らし20秒そして1分で抽出。

最近は自家焙煎をしていなかったがお味はどうか!…

一口、渋みが走るが旨い!
やはり酸味は感じない。爽やかで柔らかい苦味、甘味…んぅ〜強いフレーバーがないじゃん!!
こんなもんか…〜〜キッチンの主は「おいしいね!」でご満悦。

我が家にはミルク、グラニュー糖はない〜鮮度がよいから珈琲はブラックで飲む。
戸外に出て部屋に戻ると珈琲の香りが充満している。癒される〜最高の贅沢を感じる一瞬!〜5分も立つと鼻は香りになれてしまった…るんるん

..........

posted by 癒 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。