2005年12月18日

寒さに耐える☆「冬のハーブたち!」

我が家の庭にも初雪ですが!…早朝の銀世界は午後になると残雪が少しあるくらいです〜〜


winter_harb01.jpg


 ☆寒さに強いハーブが紅葉している!〜☆

定番のミント類です〜

winter_peppermint02.jpg

「ペパーミント -Pepper Mint-」


winter_spearmint03.jpg

「スペアミント -Spear Mint-」


winter_applemint04.jpg

「アップルミント -Apple Mint」



オレガノは2種類…

winter_oregano05.jpg

「オレガノ -Oregano-」


winter_goldenoregano06.jpg

「ゴールデンオレガノ -Golden Oregano-」



「サンタバーバラ・ローズマリー」の花被と蕾が紅葉?しています。

winter_rosemary07.jpg

「サンタバーバラ・ローズマリー -Santa Barbara Rosemary-」



「テンダータ・ラベンダー」は四季を通じてマイペースで花を咲かせる。。。寒さに強い品種です!〜

winter_lavender08.jpg

「テンダータ・ラベンダー -Dentata Lavender-」


winter_lavender08b.jpg



枯れ始めた「レモングラス」ですが、早春までこのままにします。。。

winter_lemongrass09.jpg

「レモングラス -Lemon Grass-」



.....
続きを読む
posted by 癒 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

周年咲き続ける☆「テンダータ・ラベンダー」


今日は七夕、夜空を見上げても星一つ輝いていない!…
空は曇り、”織姫と彦星との出会いはお預け!”〜今宵はロマンチックとはいかない?〜〜



 ☆癒しのラベンダーは”ハーブの女王!”〜☆

鉢で管理していたラベンダーが7〜8年前、こぼれ種で露地に根を降ろすと…

lavender_dentata001.jpg


lavender_dentata001b.jpg

花穂の先、兎の耳がポイント!


lavender_dentata002.jpg

鋸葉の特徴があるラベンダー


庭に広がった!〜「テンダータ・ラベンダー」は生育が旺盛!、今だ勢力を拡大している。。。
表面が砂地の一角が発芽率がよくあちらこちらで芽をだす。。。多年草で成長も早く鉢で育成するより大株になりやすい。手間いらず、肥料を施さなくても花芽が立ち周年花を楽しむことができます。
今は年一二回、軽く肥料を与え、梅雨の時期に剪定を行う管理です。花殻を摘み剪定すると花芽の上がりが良い!〜


一昨年に古株を除き若返りをはかった!〜子生えを間引くと直ぐに大株に成長する。

lavender_dentata002b.jpg

ラベンダー、こぼれ種が育っている



花は特に3月ごろから6月までが多く咲き誇る。。。そよ風にそよぐ姿、初春から初夏かけてラベンダーブルーは見ているだけで心が和みますね!

lavender_dentata003.jpg

4月初旬ころ!…


.................................

■テンダータ・ラベンダー
 Dentata Lavender(Lavender Dentata)

lavender_dentata003b.jpg


【学 名】Lavandula dentata 
【分 類】ストエカス(Stoechas)、シソ科ラバンデュラ属 
【季 節】四季咲き性(周年)
【香 り】−
【樹 高】常緑小低木(60〜90cm)
【交 配】−
【特 徴】高温多湿に強い品種、四季咲き性があり周年花を咲かせている。葉は鋸歯で切れ込みが入る。花は薄い紫、花穂の先に兎の耳のような葉はラベンダーブルー

 別名:フリンジ・ラベンダー(Fringed lavender)

.................................


..........
posted by 癒 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

続・庭に茂る☆「ハーブたち!」

今日は、久しぶりに纏まった雨が降った!…降り過ぎたところもあるが、自然との付き合いは難しいものだ!!
渇水と思えば豪雨の被害!〜何事も程々とはいかない!〜〜



 ☆我が家で料理に必要なハーブなど!〜☆

「スイートバジル」はトマトとのマッチングは抜群、ピザ、パスタには必要なハーブ…
我が家では10年以上前に入手したが、毎年ごぼれ種が発芽する。前年の種子の手播きも行う!〜ポットで育て定植するより直播きの生育がよい!
花期前に収穫してでジェノバペースト(バジルペースト)のパスタ、夏期の葉はピッツァ・マルガリータのトッピングにと用途はいろいろとある。。。我が家ではトマトのパスタ、アラビアータなどで使用するが、乾燥物を使うよりフレッシュは気分的に美味しさが倍増しますね!…

 ※花を咲かせると養分が取られ、葉が細くなるので花芽は摘むとよい!

herb_sweet_basil007.jpg

「スイートバジル(Sweet Basil)」


現在、2品種の「オレガノ」が庭に繁栄している。。。多年草で株元50〜60cmの大きさは7〜8年はたった。。。
こちらもトマト料理とは相性がよくて、煮込み料理、パスタソースを作るときはみじん切りにし入れたりする。

herb_oregano008.jpg

「オレガノ(Oregano)」の花(蕾)


以前は白い花の「オレガノ」が一鉢あった!〜露地植えする前に枯らしてしまう!

「ゴールデンオレガノ」は綺麗な黄色(黄緑)の葉をしています。両方とも料理に使えますが、こちらはもっぱら観賞するだけです。

herb_golden_oregano008b.jpg

「ゴールデンオレガノ(Golden Oregano)」


「タイム」は日本の高温多湿に非常に弱く、風通しが悪いと蒸れて枯れることが多い!〜従って我が家には「レモンタイム」が残るのみです。。。
ブーケガルニの材料の一つですが、スープ、シチューの香りつけに利用もできます。

herb_lemon_thyme009.jpg

「レモンタイム(Lemon Thyme)」の花


「レモングラス」はタイ料理のトムヤンクンなどエスニック料理には必需なハーブ…
それに虫避け効果もある見たいですね!。。。

入手した当時は露地での越冬は難しいと思っていました。暖冬のご時世、暖地では刈り込みせずに冬を越すと、根ぐされがなく春を迎えることができます。。。枯れた葉を春に刈ると切り口はみずみずしく甘いレモンの香りが漂う!…
根元の太い茎を10〜20cmくらいを乱雑に挿し木して、100%の確率で新芽が上がり、一夏を越えると一株30〜40cmに成長する。管理が容易で緑の葉を観賞しても楽しめるハーブです。
また3年目の株は生育が悪いので、1〜2年ごとに株分けすると見ごたえのある姿を保つことができます。

herb_lemon_grass010.jpg

「レモングラス(Lemon Grass)」



.....
posted by 癒 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日

庭に茂る☆「ハーブたち!」

今日は早朝に目がさめる。。。庭を散策すると夏季のハーブたちの輝きがあった!〜〜


herb_title001.jpg


 ☆こぼれ種で自生し野生を感じるハーブなど〜☆

ハーブと言えば「ラベンダー」、「ミント」、「ローズマリー」・・・がよく知られている。
庭にはこぼれ種の「ラベンダー」が生育。『ストエカス・ラベンダー』系と思うが品種の特定はできていない!…多年草で花期も長く次々と咲かせている。。。枯れた花殻を揉みほぐして播くと簡単に発芽する。

herb_lavender002.jpg

「ラベンダー(Lavender)」の系統は『ストエカス・ラベンダー』??



「スペアミント」は無花果の根元に地下茎が広がる。花芽はまだ出ていないが、木蔭で育ったひ弱な茎はひょろ長い!〜〜緑鮮やかな葉はミントティーには最適かな!!

herb_spear_mint003.jpg

「スペアミント(Spear Mint)」


「ペパーミント」は淡いピンクの花が咲いていた。旺盛な地下茎の広がりに手を焼いているが、〜毎年、地下茎を掘り起こして勢力の拡大を抑える。

herb_pepper_mint003b.jpg

「ペパーミント(Pepper Mint)」の花


同様に「アップルミント」も旺盛!で密集した一角がある。。。我が家では初夏にハーブティーを楽しむ!〜〜時期は5〜6月の新緑のころがよい…
「レモンバーム」、「レモンバーベナ」、「カモミール」などに「ローズマリー」を一枝、〜それに「アップルミント」を加えたブレンドティー

herb_apple_mint003c.jpg

「アップルミント(Apple Mint)」の花


 herb_lemom_balm004.jpg
 「レモンバーム(Lemom Balm)」の花期

herb_lemom_verbena005.jpg

「レモンバーベナ(Lemon Verbena)」の新緑


「ペニーロイヤルミント」は匍匐性があり草丈も10〜30cm、ロックガーデンの縁取り、グランドカバーに最適な観賞用ミントです。

 herb_pennyroyal_mint003d.jpg
 「ペニーロイヤルミント(Penny Royal Mint)」の花

ミントは花期が終わると刈り込みお礼肥を与える。真夏の炎天下に耐え、秋雨のころには青葉が戻る。。。


herb_title001b.jpg


1〜2年で「ローズマリー」が庭先に広がった。今は畳一枚くらいで樹高は40〜50cmに成長。。。この「ローズマリー」はこぼれ種が発芽して5年ですが、特性は地面を這う性格、我が家の他のクリーピング性とは少し違う。交配したものか先祖返りか判らないが、花が少なく花期後の見苦しい姿(花殻)がない!〜深緑の鮮やかな姿を観賞するにはよい品種と思っている。

「ローズマリー」は刈り込みが過ぎると立ち枯れしやすい。樹形を整えるくらいの浅い剪定をこの時期に施す。
多湿に弱いが我が家には匍匐性、立木性の品種が10種ほどが生き残っている。
挿し木で容易に増やすことができ1〜2年は鉢で育てる。。。夏場の水やりは大変ですね!!〜
露地に定植すると水やりから開放される反面、ほとんどの品種はが旺盛に育ち樹形が乱れるので摘心や剪定をしなくてはいけない。。。日本の気候に適応するハーブの一つです!…

herb_rosemary006.jpg

「ローズマリー(Rosemary)」の雑種?だが匍匐性で生育は旺盛



続く〜〜〜後で!〜〜るんるん


.....
posted by 癒 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(1) | ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。